医療安全管理室

医療安全管理室の役割

医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意が原因で、医療上予期しない状況や望ましくない事態を引き起こし、患者様の健康や生命を損なう結果を招く事があります。
当院では、医療従事者個人レベルでの事故防止対策と、病院全体での組織的な事故防止対策の二つの対策を推進し、医療事故の発生を未然に防ぐことで、患者様が安心して安全な医療が受けられる環境を整えるよう、取り組んでいます。

間違いが発生しそうになったり、実際に間違いが発生してしまった場合には、報告を行います。これを基に医療環境を整え、医療や看護・介護の質を向上させてより安全に患者様に提供する事を目的として、院内に安全管理室を設置しています。安全管理室には、適切な研修を終了した専従の医療安全管理者が1名おり、日々の業務に当たっています。

 

主な業務内容

  • 1)医療安全にかかわる業務の改善策を立案したり、改善後の評価を行ったりしています。
  • 2)院内を巡回し、各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善について、具体的な対策を提案しています。
  • 3)各部署で活躍する医療安全担当者へ、指導や助言を行っています。
  • 4)医療安全の体制を確保するため、関連する部署間の調整を行っています。
  • 5)医療安全に関わる職員研修を実施しています。
  • 6)医療安全に関する皆様からの相談をお受けしています。
  • 7)医療安全対策にかかわる取り組みについて、安全管理委員会構成員や各部門の安全担当者と、毎週カンファレンスを開いています。

 

入院患者様へ、医療安全へのご理解とご協力のお願い

私たちスタッフは日々、患者様の安全に注意しておりますが、ちょっとした不注意やヒューマンエラーが原因となって、思わぬ間違いが発生する場合があります。このような間違いを防ぐ為、患者様にもご協力をお願いします。

  • 1) 同じ名前や、似ている名前で患者様を間違えることが無いよう、繰り返しお名前を伺います。フルネームでお伝え下さい。
    • 薬を渡すとき
    • 食事を渡すとき
    • 採血やレントゲン検査のときなど
  • 2)皮膚が浮腫んだり薄くなったりすることで、皮膚トラブルが発生し易くなります。
    • 車椅子をご利用の方は、アームウォーマーやレッグウォーマー、 長めの靴下などで皮膚が露出しないようご注意ください。
    • 自分で着替えが出来ない方は、伸縮性のある素材で前開きのパジャマをご用意下さい。
    • 保湿剤やクリーム等も有効です。持参して頂いた際は看護師に声をかけてください。
  • 3)ハサミやナイフなど、刃物の持ち込みはご遠慮下さい。
  • 4)スリッパは滑ります。かかとのある履物をご用意下さい。

 

患者様の安全を守る為、ご協力お願いします。なお、安全管理室では、医療安全に関したご相談もお受けしています。お気づきの点やご不明な点がございましたら、病院受付カウンターにお声かけください。

黒須病院 医療安全管理室