入所

入所とは
寝たきりや、寝たきりに近い方、認知症のある方に入所していただき、リハビリテーションなどを通して、日常生活動作の向上を図り家庭復帰を目指します。
ご利用できるサービスの種類
・リハビリテーション       ・日常生活動作訓練
・看護介護サービス        ・食事サービス
・入浴サービス          ・レクリエーション、趣味、文化活動
・四季折々の行事         ・生活指導、相談、家族介護相談
ご持参していただくもの
【衣類】
・日常着上下〈シャツ、トレーナー、ズボン等〉(5着)
・肌着上下(5着)
・タオル(5枚)
・バスタオル(5枚)
・パジャマ(3着)

【食事】
・湯呑
・水呑み〈必要と思われる方〉

【洗面】
・歯ブラシセット〈プラスチックコップ含む〉
・くし〈ブラシ〉
・電気カミソリ

【生活】
・眼鏡
・入歯〈フタ付き容器〉
・外履き
・上履き〈シューズ、ゆったりとして通気性の良いもの〉2足
・ビニール袋〈洗濯物入れ〉

【その他】
・服薬中の薬

※持ち物には、必ず氏名を記入してください(どんなに小さな物にも記名お願いします)。
※保険証の確認のため、毎月初めに提示していただきます。
※本人の住所変更、保険の変更などがありましたら、速やかにご連絡ください。
レクリエーション
・健康状態に配慮しながら軽度の運動や作業、散歩、クラブ活動、誕生会などを行っております。
食事
・食事の時間は、利用者の楽しみの一つです。管理栄養士が毎日の献立を考え、
健康に応じた栄養バランスに配慮した食事をご用意いたします。
また、自分で選べる選択食や季節ごとの行事食も提供しております。
入浴
体の不自由な方でも気持ちよく入浴ができるように、
寝たままや座ったまま入れる浴槽などの設備もご用意しています。

面会時間について
・面会時間は10:00~20:00です。
・面会の際には「面会簿」に必ず記入し、面会バッチをお持ちの上入場してください。
※風邪などにかかられている方の面会はお断りいたします。
飲食等嗜好品の扱いについて
・飲食物の持ち込みは、療養管理の妨げとなるため、原則禁止とさせていただきます。
・施設内での飲酒は、原則として禁止させていただきます。
・施設の敷地内は原則禁煙とさせていただきます。
設備・備品および持ち物等について
・施設内のベッド、寝具類、備品等、および日常消耗品は施設でご用意いたします。なお、利用者ご自身の車椅子は施設内でご利用いただけますが、一部規格等に合わないものもございますので、入所の際にご相談ください。
医療機関等の受診について
・施設入所中の診療は、施設の医師が行います。そのため、医療機関への受診はできません。また、家族の方が薬を貰ってくることも出来ません。入院治療等が必要な場合は、施設の医師が判断し、医療機関に依頼いたします。
・医療機関への受診が必要な方は、当施設より「診療情報提供書」(介護老人保健施設の入所者である旨の文書)をお出しいたしますので、相談係までご相談ください。
・歯科受診を希望される方は、ご相談ください。歯科医院への受診に関しましては、別途お申し込みが必要になります。
散髪について
・<いずみ>床屋への依頼を代行してを承っております。希望の際は希望用紙に必要事項記入の上、前金で実費をお支払いいただきます。なお、お釣りが出ませんのでご了承ください。    
※床屋への連絡は、希望者が5名程度集まり次第連絡いたします。
施設における感染症への対応について
・在宅での生活に比べ、多くの高齢者の方が共同で生活し、また、多くの方が面会に来られる施設生活においては、ご利用者は様々な「感染症」と接触する機会が多くなります。そして、高齢であるがゆえに「感染症」にかかるリスクも高くなりがちです。ご家族におかれましては施設における「感染症」発生のリスクを十分ご認識していただき、万一「感染症」が発生した際の施設の対応にご協力くださいますよう、お願いいたします。なお、「感染症」の疑いのある方には、ご面会をお断りさせていただくことがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。