グループホーム桜野

グループホームとは
◆介護保険制度において、居宅サービスに位置づけられ「認知症対応型共同生活介護」として、扱われている。住み慣れた地域・家庭的雰囲気の中で共同生活をおくりながらも個人を尊重し、「普通の生活」をおくる事ができるように支援する。また職員の手助けにより、可能な範囲で、家事を行ったり、趣味や特技を発揮してもらい「達成感」生きがいのある生活リハビリを中心とした、自立支援ケアを行います。
このようなことによって、認知症の進行を少しでも遅らせ、症状をやわらげる事を目的としているのが、グループホームで
ご利用できる方
◆介護保険認定を受けた方
◆満65歳以上の認知症と診断された方で、自宅での生活・介護が困難であるが、グループホームでの共 同生活を行うのに支障のない方、又65歳未満で初老期認知症の方。
運営方針
利用者を「生活の主体」4として、介護従事者を「生活のパートナー」として、家庭的な環境のもと、個人の尊厳とQOL「生活の質」を保ちながら「穏やかで安らぎのあり暮らし」「自立した生活」を営むことができるよう援助する事を目的としています。
お問合せ
〒329-1312 栃木県さくら市桜野1297番地3
 TEL028-682-1820
 FAX028-682-1853
ギャラリー